桑名散策     三重県桑名市 2005.7

何故桑名に?
目的地の名古屋でホテルが取れず
(愛・地球博覧会のためでしょう)仕方なく桑名に泊まった。
桑名は今まで通過駅でしかなかったし、知人もなくほとんど知識はなかった。
しかし、今回せっかく縁あって1泊したのだからと、娘と二人で街を散策してみることにした。
ホテルをチェックアウトして、まずは桑名駅前の観光案内所へ寄った。
3〜4時間で徒歩で廻れるコースを紹介してもらった。
地図を片手に、さあ出発!

近鉄・JR桑名駅前
八間通りを東へ進み国道1号を渡る。クラシカルな商店街を過ぎると可愛い動物病院がある。
ふと見た足元のマンホールの蓋が、なんとも桑名なんだわ!
 いやいや足元だけじゃなかったわ。  

 高いところにもこんなオブジェが!
桑名城址九華公園
本田忠勝像 亀さんが甲羅干し 鎮国守国神社
        ちょっと小耳に

 亀さんは、お堀の中にうじゃうじゃいました。

 あちこちでこうして、甲羅干ししています。

 発見!亀はのろまなんてとんでもない!

 人が近づく気配がしただけで、とても素早く

 移動(なかには転げ落ちるのもいますが)
 
 お堀の中へドボンでした。 


「 六華苑 」

山林王と呼ばれた諸戸清六氏の邸宅
洋館部分は鹿鳴館を設計し「日本近代建築の父」といわれる
英国人ジョサイア・コンドルの手により大正2年に竣工。18.000uの広大な敷地に
洋館と和館、蔵などの建造物と地泉回遊式日本庭園で構成され、
創建時の姿をそのままとどめている貴重な遺構。
国の重要文化財に指定されている。

ボランティアのガイドさんが詳しく説明・案内してくれる(^_-)

 お昼は、観光案内所のお姉さんオススメの
 六華苑内のレストランにて

 桑名、名物「蛤づくし」の“六華苑弁当”
 左のメニューをクリックしてみてね。

 焼き蛤がふっくらと美味でした§^。^§
手前損斐川、奥木曽川 水郷桑名
おまけ 1 桑名のわんこ
おまけ 2  目的地はここでした。  名古屋国際会議場