スペインの旅 2005. 5.11 マドリード 

「吉川二郎音楽のルーツを訪ねる旅 2005年」

始めに
今年も吉川二郎さん
行くスペイン、アンダルシア旅行が実現。
旅行の期間、訪問地など希望を吉川さんへリクエストしながら
参加人数・メンバー、出発日の変更など紆余曲折の結果、いつの間にか旅行日数、
訪問地が増えるというおまけが付いて、JIRO.FCの会員を中心としたメンバーで5月11日出発。
去年同様
大変有意義な楽しい旅行ができたことを、吉川二郎さんとガイドの河野兵部さんに感謝したい。
たくさんの感激、驚き、笑いそして再会の歓びと別れ、どれもが思い出に!
そして旅行中、何かと助けてくれたメンバーの皆さんありがとう。
全員がトラブルに遭うことなく無事に帰国できてよかった。
最後に気持ちよく旅行に送り出してくれた
家族に感謝したい!ありがとう!
では、ごゆっくり
どうぞ!

いざスペインへ出発 5月11日
          品川から成田エキスプレスで
 関西空港からの吉川さんとは別行動。富士からの5人は新富士駅からこだまで品川へ、品川から成田エキプレスで空港へ。前回同様免税店を一通り見て娘たちからのリクエストの化粧品などを購入。成田を予定どおり12:05離陸した。
          エールフランス
 機内では映画を見たりおしゃべりしたり、途中ランチとディナーが出る。HさんとWさんはもちろんワイン(^_-) スペインへ行く嬉しさでついついハイテンションになってしまう。時々エコノミー症候群予防のため通路に出てストレッチをして長いフライトを過ごす。今回は気流が悪いところが何回かあり少し揺れた。
          シャルル・ド・ゴール空港
 パリ到着は17:10…時差は7時間。12時間5分
のフライトだ。現在スペインへの直行便はないので、
必ずヨーロッパで乗り継ぎだ。これが行きの最大の
難関!しかし5人で難なくマドリーへのエールフランス
搭乗口。ここで関空からの吉川さん、野口さん、Sさん
と感激の対面§^。^§
        飛行機の窓から 
 シャルル・ド・ゴール空港は驚くほど広い、滑走路まで15分飛行機でドライブだ。離陸が混みあっていて4機飛び立つのを見送った。空港の芝生のあちこちで野うさぎがピョンピョン跳ねているのを発見、可愛い

やっと19:45離陸。
 マドリードバラハス空港21:25着。
やっとスペインの地に降り立った。
迎えにきてくれた河野兵部さんと再会
の挨拶をして車へ。メンバーが荷物を
小さくしてきたので1台の車に全員乗る
ことが出来てホテルへ。
       
         ホテルは昨年と同じフロリダノルテ
部屋に入るとホッとする。長〜〜〜い一日がやっと終わる。
河野さんは、あらら(ーー;)みんなからのお土産を受け取らないでお宅へ帰っちゃったわ。
ベットにもぐれば、バタンキュー(-_-)zzz
しかし、2時間後あまりの騒がしさに目が覚めた。
だあれ?こんな夜中に騒ぐのは…(ーー;)

          おはよう\(^o^)/ 爽やかな朝!
 隣の部屋を訪ねると、事件は起きていた。 \(◎o◎)/        
 なんと、日本から持参したドライヤーが火を噴いて溶けた!!
 ということで、既にドライヤーはゴミ箱に…  

   スペインの電圧は220V プラグはCタイプ 
 海外でも使用可なのを買って、日本で使っていたそうだ。
 「あっ!100Vから220Vへ切り替えなかったんじゃない?」
 「だって両方で使えるって説明書に書いてあったのよ!」
 「その説明書に電圧の切り替が必要って書いてなかった?」
 「?」 
 コインで220Vに切り替えをするとちゃんと動いた。\(^o^)/
 復活したドライヤーは、旅行中活躍したそうだ。
マドリード市内見学 5月12日
スペインのへそ

この旅行記を書くのにスペイン地図を作った。
ヨーロッパ大陸の南西イベリア半島からポルトガルを抜くと、
牛の頭の形が残った。なんともこの国にふさわしい形だ、そしてその中央が
首都マドリード。ここを中心に各地へ蜘蛛が巣を張ったかのように
鉄道や道路が拡がっている。その基点が
これ“0地点”だ。

吉川さんと野口さんは直接バスでグラナダへ、
私達の予定は、プラド美術館を見学し、市内をバスで廻り、
お昼を食べたあと夕方まで自由行動、夜は河野さんの案内でバル巡り。
  今日マドリード市内を案内してくれるのは、セニョーラ鈴木。なんと静岡県出身!  
明るくテキパキ行動的な鈴木さん、スペイン人のご主人とお子さんでマドリード
在住10年だそうだ。そしてホテルの前に横付けされたバスの運転手
さんもガイドさんも女性なのだ!その上バスに乗る客も
ほとんど女性だから、かしましいこと(*^_^*)

まずはプラド美術館へ
バスの車窓からのマドリード
シーベレス広場 アルカラ門 中央郵便局
マドリード自治政府庁 プエルタ・デル・ソルのカルロス3世像 マドリーのシンボル、熊とヤマモモの像
アレナル通りには、像などで装飾された古い建物がたくさんある
郵便車 水遣りは大事な仕事 王立劇場
スペイン広場 (クリックで大きな画像に)

ドンキホーテとサンチョがどんどん近づいてくるでしょ(^_-)-☆

 ここではバスを降りる際、カメラのみ持って、荷物はバスに置くように厳重に言われた。
とっても危険な場所だそうで、広場では騎馬おまわりさんが警備にあたっている。
わんこをブラッシングする人もいてのどかそうに見えるのだけど…
日本人は強盗にとって上客だそうだから
気をつけよう!


ここからは夜の部、といってもまだまだ明るい\(◎o◎)/!

マドリード散策とバル巡り(
案内は河野さん

メトロ(地下鉄)プリンシペ・ピオ駅 6号線と10号線とR線が乗り入れている R線でオペラ駅へ
オリエンテ広場 オリエンテ広場から見る王宮
バイレン通り アルメリア広場から見る王宮 アルムデーナ大聖堂

王宮周辺は去年、皇太子様ご成婚のお祝いの花かごやリボンが沢山飾られ、祝賀ムード一色だったのを思い出す。

マドリード市役所 メルカド(市場)
マドリード市振興公社
マヨール広場
まずはムール貝! ごめんなさいm(__)m 空の殻ばかりで(ーー;)
マテ貝・小エビ・マッシュルーム・青唐辛子などどれも美味しい(^_^)v お兄ちゃん手が焼けてる!
こうして、美味しい楽しいマドリード第2夜は更けていった。
旅行記初めての方は、下の次へ。もうすでに次をお読みの方は、マドリード最後の日へどうぞ